理事長挨拶

sano2.jpg
新年度あいさつ
山梨県印刷工業組合
理事長 佐野龍一

平素は山梨県印工組に対しての絶大なご協力をいただき、誠にありがとうございます。現在、全印工連全体の課題として、組合員の減少が取り上げられています。人口減少と地方経済が振るわない状況が続き、印刷業界ばかりでなく多くの業界において、組合そのものの存続が危ぶまれております。
山梨県印工組は組合員の協力の下、2年後に創立60周年という節目の年を迎える歴史を重ねており、その歴史と共に印刷という業態も変化を重ねながら歩んでまいりました。これからもこの歩みを止めることなく一歩ずつ前に進む所存です。
さて組合員の皆さまのご協力を得て、平成28年度の事業を執行することができました。組合員増強に関しては、製本業界から2社が入会、またスクリーン印刷会社1社も入会の運びとなり、周辺業界各社の増強拡大に努めております。また、組合青年部設立委員会も結果をだす機運が高まり、山梨に見合った青年部づくりを目指します。本来、どの業種組合においても組合存在の大きな要素である共済事業ですが、全印工連の生命共済・設備共済及び火災共済は組合員の皆さまに大きく貢献できるものとして勧めており、新たに入会なさる皆さまには深いご理解の上で率先してお薦めしております。今後とも全印工連の共済メリットを組合員各位に周知・拡大していく所存です。
昨年実施いたしましたセミナー「受注減の時代でも顧客を創る」は有料で開催しましたが、組合内外から40名近くのご参加を頂きました。ソリューション営業による既存顧客の深堀りや、新規顧客の獲得を目指しロジックツリー作成の演習など、アイデアに繋がる手法を第1部・第2部の充実した構成で多くを学びました。また、印刷業界は数年の踊り場から脱却する、さまざまな業態が芽吹いている、という多くの実例などが紹介され、受講者も大いに刺激を受けました。今後とも、理事、執行部一同メリットのある組合作りを目指す所存です。新年度も組合員の皆さまに更なるご協力を賜りますようお願い申し上げます。

kyounandou.jpg
【(株)峡南堂印刷所】

aoyagi.png
【青柳印刷(株)】


【(株)少國民社】


higu.jpg
【(有)樋口印刷】


sudama.jpg
【(株)ピー・エス・ワイ】


相互印刷バナー200×50.jpg
【相互印刷(株)】


【(株)佐野印刷】


koubun.gif
㈱光文堂